選ぶ際のポイント

選ぶ際のポイント

音楽教室に通う際には、目的をしっかり持つことが大切です。

「どんな楽器をどのように演奏したいのか、どんな曲を弾きたいのか・歌いたいのか」といった明確な目的を持つことこそが、上達への近道になります。自分にあった音楽教室を選ぶためにも以下の項目をチェックしましょう。また目的や条件が一致したら、実際に体験レッスンに参加してみるのもおすすめです。

1.楽器・コース
学べる楽器やコース詳細をよく確認しましょう。同じギターでもロックギター(エレキギター)とクラシックギター(ガットギター)では楽器の形状はもちろん、演奏法もまったく異なります。
2.教室の場所
自宅や職場から通いやすいかどうかを確認しましょう。頻繁にレッスンに通いたい場合は、特に重要な条件となります。
3.料金とレッスン時間
料金は教室やレッスン内容によって様々です。1回のレッスンが30分であったり60分であったりするので、よく料金と照らし合わせて確認しましょう。入会金・教材費の有無も要チェックです。
4.レッスン形式
音楽教室のレッスン形式は大きく分けて、個人レッスンとグループレッスンの2つ。以下のそれぞれの特徴を挙げます。

個人レッスン(マンツーマン)

「個人レッスンのメリット」
・講師と相談してレッスン日を調整できる(忙しい社会人に最適)
・マンツーマン指導なので内容が濃い
・生徒の細かい要望に応えられる
「個人レッスンのデメリット」
・グループレッスンに比べてレッスン料金が高い
・講師によってジャンルやレッスン内容が偏る場合がある
・他の生徒さんと知り合う機会がない

グループレッスン

「グループレッスンのメリット」
・個人レッスンと比べて料金が安い
・大きな音楽教室であれば、教材やカリキュラムが整っている
・講師を変更できる場合がある
・音楽仲間が見つかりやすい
「グループレッスンのデメリット」
・演奏技術などを深く学べない
・レッスン日が固定の場合が多い
・生徒さん一人ひとりの細かい要望に応えられない
・他の演奏者の音で自分の音が聴き取れない

サブコンテンツ

このページの先頭へ